幹事の行動次第で宴会は変わる

宴会は誘われるだけなら気楽なものですが、幹事に任命されたときにはそうも言っていられません。参加する人を募り、人数を決定し、料理の好みやアレルギーなどの確認をしつつお店を選定し、予約をしたら、集合場所などを決めて周知するというように、宴会当日までに行うことは様々にあります。もちろん宴会当日も気が抜けるわけではなく、司会をしたり、何か盛り上げるようなちょっとしたイベントやゲームを考えたりするなど、全体を見て場のコントロールもしておいた方が安心して進められます。支払いの時も集金をしたりするなどお金のこともありますから、複数人の幹事なら手配を分担しつつ行い、一人だけなら手伝ってくれる方を探して準備を進めましょう。

押さえておきたいポイントを確認!

幹事はできるだけ避けたいと思っていても、断れず任命される事はよくあります。途方に暮れるかもしれませんが、これも良い経験になると思って自分一人だけで頑張りすぎないようにして準備をしましょう。一人で突っ走るのはトラブルの元なので、もし得意そうな人がいたら協力を仰ぎましょう。

幹事はお店の人と対応する代表でもありますので、きちんと振舞う必要があります。緊張して慌てることもあると思いますが、参加する方やお店の両方が楽しい時間となるように心を配ればその気持ちは伝わります。自分ができないことは人に任せても構わないので、協力をしながら指示することを考えてやってもらうというのも良いでしょう。宴会が終わった後は頑張った分だけ、自分の成長も感じられるのではないでしょうか。

大阪に詳しい知人に聞いても良いですし、インターネットで調べてみると、大阪の宴会スポットの事が分かります。