スキルの習得にあまり時間が掛からないソフトを選ぼう

社内で効率的に製品の開発や設計をするために、CADのソフトの導入を検討している企業が年々増加しています。こうしたソフトを選ぶにあたっては、情報処理やコンピュータグラフィックスなどのスキルに自信が無い人でもスムーズに使いこなせるものを優先的に探すことがポイントです。最近では、スキルにかかわらず基本的な操作方法をすぐに覚えることができるCADのソフトも続々と登場しており、設計事務所やデザイン事務所だけでなく、官公庁や一般企業の間でも普及が進んでいます。なお、ソフトによって画面の見やすさや機能の使いやすさなどに大きな差があるため、導入前に各メーカーの人気のソフトのサンプルを利用してみると良いでしょう。

CADオペレーターの教育にも力を入れよう

CADのソフトを利用して業務の効率化を図りたい場合には、早いうちからCADオペレータの育成に向けた計画を立てることが重要となります。特に、緻密な作業をスムーズにこなすには高度な知識や技術が要求されるため、職場内で先輩のCADオペレーターがマンツーマンでフォローをしたり、定期的に集合研修を行ったりすることも大切です。CADオペレーターに求められるスキルについては、業種や仕事内容などによって大きく異なりますが、時には一人ひとりのオペレーターの経験や能力に応じて個別の研修を行うことも必要です。その他、同業他社のCADオペレーターの活躍事例などを参考にして、教育のプログラムを策定したり、研修内容の改善をしたりすることも大事です。

電気CADは、電気回路などの設計に特化した支援システムのことを指します。電気専用パーツをマウス操作のみで、図面に配置できます。電気設計に要していた多くの時間や手間を削減可能です。